【運命の人と出会う】出会う前のサインや気持ちの変化・運命の人の特徴について紹介

運命の人と出会う

運命の人に出会う時には、普段とちょっと違う「変化」があります。

「運命の人になかなか出会えない」

「運命の人と結婚したいのに…どこにいるの?」

そんな人は、もしかしたら運命の人が現れるサインや気持ちの変化、また運命の人の特徴を見逃しているのかもしれません。

この記事では「運命の人と出会うサイン」「運命の人の特徴」についてご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

私にも「運命の人」はいるの?

運命の人はいるの

どんな人にも、「運命の人」は必ずいます。

しかし自分の頭の中にある「運命の人」のイメージが強すぎて、なかなか「現実の運命の人」に気づけない方が多いのです。

運命の人に出会うためには、まずは「先入観」を捨てること。頭の中を一度リセットすることで、運命の人との「出会い」を自然と見分けられるようになってきます。

運命の人に出会うときに訪れる変化

運命の人と出会うサイン

運命の人と出会う前には、よく「前兆」と思われる変化が現れます。

具体的にはどのような前兆があるのでしょうか?早速確認してみましょう。

気持ちや体調の変化

運命の人と出会う前には、「気持ち」や「体調」に変化が起こりやすくなります。

「これまで必死で婚活していたけど、結婚しなくても良いかって思えるようになった」

「長年付き合った元カレと別れて、一人で生きて行こうと覚悟を決めた」

これまでのこだわりを捨てて、新しいスタートを切ろうと前向きな気持ちになった時に、運命の人との出会う…というのは意外に多いもの。

悪い縁を断つことにより、物事が良い方へ向かい始めるので、運命の人とも出会いやすくなるのかもしれません。

選ぶものの変化

運命の人と出会う前に、女性によく見られるのが「好みの変化」です。

  • これまではクールなメイクやファッションが好きだったのに、突然ガーリーなものが好きになる。
  • ずっとショートカットだったのに、髪を伸ばしてイメチェンをしたくなる。

 

そんな好みの変化が起きる時に、運命の人との出会いがよく訪れます。

人間には「第六感」と言われる、理屈では説明できない「直感」というものが備わっています。

もしかしたら、好みや選ぶものの変化が起きる時というのは、自分でも知らないうちに直感が働き、「運命の人との出会い」に備えて変化を促しているのかもしれません。

 

周りの変化

運命の人と出会う時というのは、「周りにも変化が起きる」という特徴があります。

「ずっと仲良くしていた異性の友達が恋人と別れた」

「お世話になっていた会社の上司が転勤する」

周囲に大きな変化が起きた時というのは、それだけ自分も環境の変化の影響を受けることが多くなります。

場合によっては、これまで異性としてあまり意識してこなかった男性が、転勤や恋人との別れをきっかけにあなたに思いを伝えてくることもあるでしょう。

 

運命の人を見分けるための「特徴」

運命の人を見分ける特徴

運命の人を見分けるためには、いくつかポイントがあります。

運命の人にはどんな特徴があるのか?事前に把握しておきましょう。

運命の人には「他の人にはない親近感」がある

「初めて会ったのに、昔から知っているような気がする」

「無理に会話を続けなくても、沈黙が苦にならない」

などの親近感を感じる人は、運命の人である可能性が高いです。

細かく説明しなくても気持ちが通じやすいので、短時間で仲を深めることができます。

また長時間一緒にいても苦痛に感じない人も、運命の人の可能性があります。

逆に付き合いが長いのに、「ちゃんと説明をしないと気持ちを理解してもらえない」「心の距離感が遠い」と感じる場合は要注意。それは「運命の人」ではなく、「情」で別れられないだけかもしれません。

付き合っている期間が長いと、「せっかくここまでやってきたんだから!」という思いが強くなり、二人の相性がイマイチだとしても、なかなか別れることができなくなってしまいます。

しかし、それでは運命の人とは出会えません。

3年以上付き合っても感覚的なズレが解消できない場合は、運命の人ではないと見切りをつけて、新しい出会いを探してみるのもひとつの手段です。

 

運命の人は「自然と目で追ってしまう」

運命の人というのは、おとぎ話の中に現れる「王子様」のようにハンサムでお金持ちな人ばかりではありません。

「タイプじゃないのに目で追ってしまう」

「何だかんだで気になる存在」

そんな風に感じる場合は、外見がタイプじゃないとしても、運命の人の可能性があります。

運命の人というのは、外見の良し悪しとは関係なく、独特な雰囲気やフェロモンがあるのが特徴。

タイプじゃないのになぜか惹かれる相手というのは、そうした雰囲気やフェロモンを本能的に察知している可能性があります。実際、結婚してしまえば、外見が好みかどうかは、あまり関係なくなってしまいます。

長い年月を共に過ごしていく上で重要なのは、やはり「内面」です。

「気遣いができる」「嘘をつかない」「相手に対して感謝の気持ちを忘れない」など、内面的な魅力が、時と共に外見の魅力よりも大きくなっていきます。

「生理的に無理!」というケースは除き、外見の好みだけで、運命の人かどうかを判断するのは危険です。

 

運命の人とは「行動的パターン」が似ている

「馴染みの店が一緒」

「共通の友達がいる」

「色々な場所でよく会う」

接点が多いということは、それだけお互いの行動範囲や行動パターンが似ているということ。

アクティブな人はアクティブな人と、インドアな人はインドアな人と一緒の方が、楽しく時間を共有できます。

行動パターンや交友関係が似ていることは、お互いに似たような価値観を持っており、理解し合える可能性が高いことの証拠です。「よく会うな」と感じる人がいるなら、積極的に話しかけてみましょう。

 

運命の人と出会うために必要な3つのこと

運命の人に出会うために、普段から気をつけたいことが3つあります。

出会いのチャンスを意識して、良縁を逃さないようにしましょう。

「自分磨き」で出会いを引き寄せる

自分磨きをしていると、自然と良い出会いに恵まれやすくなります。

なぜなら、自分磨きで自分に自信を持てるようになると、内面からポジティブな気持ちになれるからです。

ポジティブな人というのは、男性からも女性からも好かれ、周囲に人が集まりやすくなります。

「あの人、話しやすいよね」

「一緒にいると楽しい!」

そんな風に周囲から魅力的な人だと思われるようになると、知人や友人から異性を紹介される機会も多くなります。

仲介人だって、「なんであんな奴を紹介するんだ!」とクレームがつくような人は紹介したくないもの。

ポジティブで常に自分に磨きをかけている人は、「人前に出しても恥ずかしくない人」と思われ、出会いのチャンスも期待できます。

 

「新たな挑戦」で出会いの数を増やす

自分の知らない世界に飛び込むことは不安になるかもしれません。

しかし、新たな挑戦には「新しい出会い」がつきものです。

出会いのチャンスを広げることで、これまでとは違った世界の人たちと出会うことができます。

現状からは出会いのチャンスが広がらないと感じている場合は、積極的に新しい物事に挑戦してみましょう。

また、新しい事に一生懸命チャレンジする姿は、周囲へ魅力的に映ります。

これまで出会った人の中にも、「こんな一面があるんだ」と、あなたへの印象が変わる人が出てくるかもしれません。

 

「縁を大事に」して出会いを逃さない

運命の人というのは、必ずしも新しい出会いの中にいるとは限りません。

もしかしたらあなたが気づいていないだけで、今までのご縁の中で既に出会っている可能性があります。

そのため新しい出会いを探しつつも、これまで出会った人たちとのご縁も大切にしましょう。

中には、しばらく連絡を取らない間にあなたと同じように自分磨きをして、以前よりもずっと素敵になっている人もいるかもしれません。

また、第一印象があんまり良くなかったのでスルーしてしまった人の中にも、じっくり話をしてみたら、「想像以上にウマが合う!」と感じる場合もあります。

時間が経てば、人は変わります。

一度出会った人とは、定期的に連絡を取ってみましょう。

 

運命の人とは「一度離れる」こともある

運命の人と出会えて、付き合うことができても、破局を迎えてしまうケースもあります。

運命の人だからといって、何もかもが上手くいくわけではありません。価値観が似ているからこそぶつかり合い、違うものに惹かれる時期もあります。

時には一度離れることによって、お互いの大切さを再認識することも必要です。

でも運命の人であれば、仮に一度別れることになってしまっても、もう一度お互いに歩み寄り、やり直すことができます。

別れている間に相手の存在の大きさを嫌というほど感じたからこそ、その後は離れることなく、結婚へ順調に進んでいくことが多いです。

 

運命の人と復縁する方法

運命の人と復縁するためには、素直に気持ちを伝えることが大切です。復縁の難しさは別れた理由によって変わりますが、些細なすれ違いであれば、必ずやり直すことができます。

運命の人と別れて苦しい思いをしているのは、あなただけではないからです。

相手もあなたと同じように、苦しい思いをしているはず。やり直したいと思う気持ちも一緒です。

あなたが素直な気持ちで歩み寄れば、運命の人も必ずその思いに応えてくれます。

運命の人との出会いは、人生で何度もあることではありません。

大切な人を逃さないために、復縁をしたいなら心のままに行動すべきです。

 

こんな人は「運命の人」じゃないかも

こんな人は運命の人じゃないかも

運命の人を探していると、時に「運命じゃない人」に出会うことがあります。

運命の人と勘違いしないように、運命じゃない人によくある特徴を確認しておきましょう。

 

「優しいから」とダラダラ付き合っている

優しい相手というのは、一見「理想的」に見えます。

尽くされることが好きな人なら、幸せを実感できる最高の相手に映るかもしれません。

しかし自分の思い通りになる相手と付き合っていると、最終的にお互いをダメにしてしまう関係になりやすいもの。

お互いに悪い部分があっても注意をしないので、「怠惰」になりやすくなってしまうのです。

最初は口うるさく感じるかもしれませんが、あなたに対して「ダメ」と言える人の方が、実はあなたを心から心配している運命の人である可能性があります。

恋人に「便利さ」や「従順さ」を求めてしまう人は、都合の良い相手ばかりを選んでしまいがちなので、時には反対のタイプにも目を向けてみましょう。

 

背伸びして付き合っている相手

運命の人というのは、「ありのままの自分」で付き合える相手です。

あなたが背伸びし無理をして合わせていたり、本音を言えず我慢したりしているなら、それは「運命の人」ではありません。

「ようやく出来た彼氏だから、このチャンスを逃したくない!」

「年齢的にこの人とダメになったら、もう次の相手を見つける自信がない…」

恋愛や結婚に対して「焦り」が見られる時ほど、今の相手を「運命の人」だと思い込みたがる傾向があります。

しかし、運命の相手じゃない人を「運命の人」に仕立て上げるためにあなたが無理をしても、いつかは限界を感じて上手くいかなくなってしまいます。

 

今度こそ失敗したくない!と焦りで付き合っている相手

最初は「運命の人かも」と思い付き合い始めるけど、結局長続きしない…。

そういう付き合い方をこれまで何度もしてきた人は、外見や条件ばかりを重視して人を判断してきた可能性があります。

同じ惚れ方を繰り返すばかりでは、何度相手を変えても結果は同じです。

運命の人を本気で探すつもりなら、まずは自分自身の考え方を変えてみる必要があります。

例え外見がどんぴしゃのタイプではないとしても、「面白い!」「楽しい!」と思えるのであれば、外見で足切りをせず、もう少し相手の内面をじっくり見てみましょう。

 

まとめ

運命の人と出会うためには、日頃から自分を磨いて、出会いのチャンスを広げておくことが重要です。

運命の人と出会う前には、「自分の感情」や「周囲の環境」に変化が起こりやすくなるので、前兆を見逃さないようにしましょう。運命の人は、条件や外見ばかりを見ていると、なかなか見つかりません。

運命の人に辿りつくためには、相手の本質を見抜くことが大切です。

 

恋愛や結婚で悩んだ時には、焦りは禁物。焦ると間違った相手を「運命の人」だと勘違いしたり、良いご縁に気付けなくなったりしてしまいます。

明るい気持ちが、運命の人を引き寄せてくれるため、常にポジティブな気持ちを心掛けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA