婚活初デートを成功させるための「服装」「話題」「心構え」を解説!女性編

婚活初デート

「婚活をはじめて、やっと出会ったいい感じの男性。メッセージ交換を繰り返しいよいよ初デートをすることに!」

嬉しい気持ちとちょっと恥ずかしい気持ち、そして不安が混ざったような複雑な気持ちになりますよね。

また「婚活をしている」ということはひょっとしたら何年も彼氏がいなく、デート自体が久しぶり、なんて女性も多いと思います。

婚活の場合、学校や職場で知り合った男性や友人からの紹介とは違います。

メッセージ交換や、電話をした後に初めてのデートなため「よく知らない男性と初デートする」ことになるのです。

この記事では婚活初デートを成功に導くために「服装・話題・心構え」のポイントをご紹介します。

 

婚活初デートの「服装」

婚活初デート!「服装」

婚活で知り合った男性との初デート。服装について迷ってしまうかもしれませんが、服装についてはあまり気合いを入れずに清潔感を心がけましょう。

気合いを入れて派手な服装をするよりも「清潔感」や「女性らしさ」を演出するぐらいでバッチリです。

色は白か淡いパステルカラー(ピンク・イエロー・グリーンなど)を意識し、スカートかワンピースにすると、女性らしさが出せます。

ワンポイントでちょっとブランド品を入れるのも「しっかりした大人」な雰囲気がでます。

 

初デートでこの服装はNG!避けておくべき服装

 

初デートでできるだけ避けておくべき服装がいくつかあります。

しっかり確認しておきましょう。

 

露出が多い服はNG

男性は露出の多い女性をつい目で追ってしまいます。

客観的に見る分には好きなのですが「結婚相手になるかもしれない相手」が露出度の高い服を着ることは嫌います。軽く見えてしまうのです。

また他の男性に肌を見られることも良い気がしません。

婚活デートでは露出を控えて、清純さと上品さを意識してください。

 

全身高級ブランド品はNG

初デートということで気合いを入れて、ブランド品を多く身につけてしまう人もいるでしょう。

しかしこれは逆効果です。

ブランド品を多く身に着けている女性は「プライドが高そう」に見えます。また「お金がかかる女性」というイメージもついてしまうのです。結婚相手としてはマイナスです。

もしブランド品を持つのであれば、ワンポイントでつかう程度にしましょう。

 

カジュアルすぎる服はNG

カジュアルな服を綺麗に着こなせる女性も多いでしょう。

しかし初デートであれば、やはり女性らしい格好をするべきです。それが男性への気持ちの表れであるからです。

ジーンズにTシャツでは、自分に異性として興味がないのかな?と自信をなくしてしまう男性もいるかもしれません。

男性に好かれやすい、女性らしいオシャレをして男性を喜ばせましょう。

 

婚活初デートでの「話題」について

婚活初デート!鉄板の「話題」

実際に婚活初デート中は、どんなことを話せばいいのでしょうか。

事前にデート中の会話の鉄板とも言える話題を用意しておきましょう。

  • 仕事の話
  • 趣味・休日なにしているか
  • 出身地

 

共通点が見つかれば、ある程度会話は盛り上がります!それを探っていくのもひとつの方法です。

とはいっても、お互いのことをほとんど知らない者同士です。

「聞いていいこと」や「聞いてはいけないこと」など大事なポイントをご紹介します。

 

「質問」はどんどんしてみましょう

「よく知らない人との初デートだから何を話していいかわからない……」という声を聞きます。

ですが逆によく知らない人との初デートだからこそ「質問」はどんどんしてみましょう。

相手に興味があるのに、まだほとんど相手のことを知らないわけですから、聞いてみたいことはたくさんあるはずです。

いろいろ質問されると「自分に興味を持ってもらえてるんだ」と男性も嬉しいものです。

ただ尋問のように質問攻めにしないように注意しましょう。

 

男性からすると比較的話しやすい「仕事の話」や「趣味の話」などの無難なものからが良いでしょう。

「出身地の話」も良いです。親戚がいるとか旅行で行ったことがあるとか、もしかすると意外な共通点が見つかるかもしれません。

 

だだし初デートから「結婚の話」はNG

婚活で出会ったのですから、二人の共通の話題といえばやはり「結婚」です。

ですが会話に困ったからといって、すぐに結婚の話ばかりしてしまうのはよくありません。

軽めの話題としてならばいいですが「いつ結婚したいですか?」「結婚式はどんな感じでしたいですか?」などと、質問責めはNGです。

目指すべくは結婚であることは間違いはないのですが、まだお互いに相手がどういうものが好きか、どういうところで遊ぶか、一緒にいて楽しいか…などを見定める期間です。

婚活は焦ってもいいことがありません。まずは自然体で「相手との時間」を楽しむことを心がけましょう。

 

「お金の話」も聞いてはいけません

聞いてはいけないこと「金銭関係」

デートをするときには、やはり何をするにしても金銭のやり取りが発生します。そして「男性がすべて出すべき」「割り勘を言い出す男はムリ!」「申し訳ないから割り勘にしたい」など、人によってさまざまな考え方があると思います。

結婚するにあたっては、金銭感覚も十分大切なことです。

ですがあくまで、初デートでの関係は「恋人未満」です。結婚を視野に入れているからといって、相手の財布は自分のものと思ってはいけません。今はまだその段階ではないのです。

 

もしも自分が思っていたような結果とは違っても、この人はこういう人なのです。それが許せるようであるならば、それから先の付き合いを考えるといいでしょう。

少なくとも、初デートでいきなり人のお金の話をするのはタブーです。

 

婚活初デートを成功させるための「心構え」

婚活初デート!成功させるための「心構え」

最後に初デートを成功させるため、どんな気持ちで挑めば良いのか?その「心構え」をご紹介します。

4つの心構えをまとめています。

  1. とにかく初デートを楽しむ!
  2. 興味のない話も聞いてみる!
  3. 基本的には男性のリードにまかせる!
  4. 初デート終了後はフォローも大切!

この4つを意識して初デートに挑みましょう。

 

とにかく初デートを楽しむ!

婚活の初デートを成功させる方法、それはずばり「目いっぱい楽しむこと」そしてその「楽しいを相手に伝えること」です!

表情一つとってもそうです。ご飯を食べている時に、もくもくと食べるよりも「おいしい!」と楽しそうに食べた方が、相手の印象もぐっとよくなりますよね。

自分といると楽しいのかという安心感を与えることもできますし、何より相手が「嬉しい」と思ってくれたら「あなたといると嬉しい気分になれる」ということに繋がります。

結婚をすると「2人が長い時間一緒にいる」ということです。なので「一緒にいて気を使ってしまう人」よりは「一緒にいて気を遣わなくてもいい、そして楽しい人」を選びたいですよね。

目いっぱい楽しんで「楽しい・嬉しいということを相手に伝えること」が、相手に一緒にいて苦ではないと思わせる第一歩となります。

「今日のデートはとても楽しかった」ということを相手に伝えることで、次のデートの話にもつながる可能性があります!

本人に直接言うのは恥ずかしい…という人は、初デートの後にLINEを利用するのも手です。

 

また「楽しかった」と漠然と伝えると、お世辞と受け取られる場合もあります。

一つだけでもデートの「楽しかった具体例」を出すと伝わりやすくなりますよ。

たとえば水族館へデートへ行ったのであれば、「今日は水族館を2人で見ることができて楽しかった」「あの魚がきれいだったね」などと具体的な例を出すことによって、より信憑性ができます。

初デートともなると、緊張や何を話していいかわからない不安に陥ることもあるでしょうが、まずはいろいろ考えるよりも楽しむことを心がけましょう。

あなたが楽しいと思ったのであれば、それは必ず相手にいい方向に伝わります。

 

 

興味のない話も聞いてみる!

婚活の初デートでどうしても出やすいのが「つまらない話題」「興味のない話」です。

もし興味のない話題が出てきても、あからさまに顔には出さず、まずは話を聞きましょう。

大事なのは話の内容が面白いかではなく、相手の男性の人柄を見ることです。

 

仕事の話を熱く語るのなら「仕事熱心で真面目な男性」なのです。また趣味の話が止まらないのなら「仕事以外に没頭できることを持っている男性」ということです。

趣味がある場合、どのくらいお金を投資しているかは、さりげなく確認しておいたほうがいいかもしれません。趣味に浪費している場合は、許容できないこともあります。

 

相手の男性も、話題が途切れると次に何を話していいか分からず、つい同じ話題を続けてしまうこともあるでしょう。

ある程度したところで女性から話題を変えることは問題ありません。

ただ急に話題を変えると、「つまらなかったのかな?」という印象を与えてしまうので、タイミングは注意してください。

 

基本的には男性のリードにまかせる!

基本的には男性のリードにまかせる!

婚活での初デートの流れは男性におまかせしましょう。

「次はどうしますか?」「どこか行きたい所はありますか?」と聞かれたら希望を伝えるくらいで丁度いいです。

たとえ段取りが悪く、イマイチな対応があっても寛大でいましょう。

婚活をしている男性も、また女性とのデートから遠ざかっていた人。

エスコートに慣れていない男性もいますので、それくらいでイライラしないようにしてくださいね。

 

お会計は基本的には割り勘にするのがおすすめです。

どうしても男性が負担する、と言ってくれたときだけは素直に甘えていいでしょう。ですが食事後のカフェ代は負担するなど、タイミングがあればお返しもしておきたいところです。

また知り合って間もない段階ですので、初デートは長時間にならないようにしましょう。お互いが疲れる前にデートを終わらせるのが理想です。

もしデートが盛り上がっていて「もう少し一緒にいたい」と思っていても、それは2回目のデートにつなげる方が良いです。

 

初デート終了後はフォローも大切!

先ほども触れたように、初デートは「その後」も大切です。初デートを終えて楽しいと思っても楽しくないと思っても、時間を作ってくれたことなど感謝を伝えるように心がけましょう。

あまり楽しくなかった場合でも「絶対にこの人とは合わない!」と思ったわけではないのであれば、2回目のアプローチをしてみましょう。

相手の男性も初デートで緊張して、普段の良い面が出せなかったのかもしれません。

楽しかった場合も、楽しくなかった場合にも言えることですが、初デート1回ですべての印象を決めてしまうのは早すぎます。

 

何もかも手探りの1回目と違い、2回目ではお互いのことが少しわかった状態でスタートを切ることができます。会話も少し突っ込んだ内容になり、デートの雰囲気が異なってきます。

つまり初デートで大切なのは「いかにして2回目のデートをする気にさせるか」です。そのためにはやはり、終わった後の対応が重要です。

デートが終わったら連絡をすることは必ず心がけましょう!

最近は誘いたくても誘えない男性も多いから、女性からも積極的に「2回目のデート」に誘ってみましょう。

 

婚活で出会った男性との初デート まとめ

婚活で出会った男性との初デートについて「服装」「話題」「心構え」と3つに分けてご紹介してきました。

婚活を通して出会ったのも何かしらの「縁」があってのことです。

少しのことで、「この人は無いな」と切ってしまうのではく、限られた時間や回数の中で出会った人のことを知る努力をしてください。

婚活している男性もまた初デートで緊張していてうまく話せなかった可能性もあります。

 

デートで大切なことは次の機会へつなげることです。

ひとつひとつの出会いを大事にし、感謝できる女性こそ「結婚」へとつながっていくのです。ぜひ初デート楽しんできてくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA