「彼女の作り方」3タイプ別に解説!出会うためのコツとモテるための行動

彼女の作り方

「仕事と家の往復ばかりで良い出会いがない」

「出会いはあるけど、なぜか彼女ができない…」

「デートまでは進むけど、そこから先へ発展しない」

そんな悩みを抱えている人は、彼女を作るために間違った努力をしている可能性があります。

彼女を作るためには、まずは自分に彼女ができない原因を知ることが大切です。

そして原因のタイプごとの正しいアプローチをすれば、彼女を作ることは難しいことではありません。

今回は、タイプ別に「彼女の作り方」をご紹介します。

タイプ別に「彼女の作り方」を解説

彼女の作り方を解説

彼女ができない人には3つのタイプがあり、それぞれのタイプに合った彼女の作り方があります。

  • 「出会いがない人」→出会いのチャンスを増やす
  • 「出会いはあるけど彼女までの関係にならない人」→女性の心を掴むテクを学ぶ
  • 「デートはするけど彼女までの関係にならない人」→女性の気持ちを考えたデートプランを練る

どのタイプであっても、彼女を作るためには、「女心」を読むことが重要です。

女性のちょっとした表情や雰囲気から、気持ちを汲み取ることができるので、「相手の変化」を見逃さないようにしましょう。

 

「出会いがない」人向け彼女の作り方

出会いがない人向け彼女の作り方

出会いがない人の場合、一番努力をしたいのが「出会いのチャンス」を増やすことです。

具体的にどんなことをすれば良いのか、早速確認してみましょう。

まずは彼女探し・交際にあてる「時間」「予算」を確保

交際するまでにデートを重ねるためには「時間」や「予算」が必要になります。

そのため仕事で忙しい社会人の場合、彼女探しをするために趣味や息抜きの時間を少し削らなければいけません。

中には「え~、自分の時間が減るのはちょっと…」と、抵抗感を感じる人もいるでしょう。

しかし今までと同じ生活のままでは、新しい出会いは期待できません。新しい出会いを増やしたいなら、やはり相応の投資が必要になります。

ただし長期化するとストレスや不満を感じやすくなってしまうので、できるだけ短期間の目標を立てて彼女探しを行いましょう。

 

新しい出会いを探してみる

出会いがない人は、新しい出会いのチャンスを増やすために、新しい物事に挑戦したり、趣味を始めたりしてみましょう。

新しい環境に飛び込むことで、これまで出会ったことがないタイプの女性と出会えます。

同じような趣味を持つ女性となら、共通の話題も多く、会話に困ることもありません。趣味を楽しむ時間と彼女探しが同時にできるのが良い点です。

 

また、これまで「マッチングアプリ」「婚活サイト」「オンライン婚活パーティー」など本格的な出会いの場に参加したことがなかった人は、勇気を出して挑戦してみることをおすすめします。

自然に出会えた女性の中には、「いいな」と思っても既に相手に恋人がいる場合も多く、なかなか恋愛に発展できない…というケースも少なくありません。

その点マッチングアプリや婚活サイトでは、互いに「フリー」+「パートナーを探している」ということが大前提なので、相性さえ良ければ、すぐに恋愛モードに入れます。

彼女探しをしている人が本当に出会わないといけないのは、「彼氏のいない女性」です。

 

いくら出会いのチャンスを増やしても、相手に彼氏がいれば意味がなくなってしまいます。マッチングアプリや婚活サイトは、彼女候補となる「彼氏のいない女性」と効率良く出会える場所なので、上手く活用していきましょう。

 

実は周りに出会いがあるかも

「出会いがない」という人は、新しい出会いに目を向けがちです。

しかし良縁というのは、新しい出会いの中に必ずあるとは限りません。これまでのご縁の中にも、良縁がある可能性があります。

「出会いがない」のではなく、あなたが運命の相手に気付いていないだけかもしれません。

周囲の女性の外見だけを見て、ロクに会話もしたことがないのに、「恋人候補にならない」と早々に判断していませんか?

そんな探し方では、出会いがいくらあっても、彼女を見つけることはできません。彼女を作るなら、相手の女性をもっと深く知ろうとすることが重要です。

「仕事で困っている人をいつも助ける優しさがある」

「一緒にいると心が前向きになれる」

「話が面白くて何時間いても飽きない」

女性のそんな内面に目を向けられるようになれば、自然と彼女候補に考えられるようになります。実際、社会人の多くが「同僚」との交際経験があり、結婚まで進むケースも少なくありません。

良縁というのは、案外身近なところに転がっているものなのです。今あるご縁を大切にすることで、出会いがどんどん広がります。

同僚や友人などのツテから、彼女となる候補がいないか探してみましょう。

 

「出会いはあるけど彼女できない人」向け彼女の作り方

彼女できない人向け彼女の作り方

出会いはあるけど彼女ができない人にとって、有効な彼女の作り方は「女性の心を掴むテク」を身につけることです。

モテる男というのは、ただ外見が良いだけではなく、「女心」の扱いに長けています。

どんな部分を意識すれば、女性の心を掴めるのか?

具体的な方法をチェックしてみましょう。

 

外見は「清潔感」が必須

男性も女性も、恋人に外見の良さを求めがちですが、彼女を作るのに最低限クリアしないといけないのは「清潔感」です。

女性は外見の美しさを磨くために、化粧水を使って毎日お肌を手入れしたり、自分を魅力的に見せるメイクを研究したり、ヨガに通ってボディメイクに挑戦したり、と日々努力をしています。

女性の艶やかな肌、サラサラの髪、引き締まったメリハリのあるボディは、全て努力の結晶なのです。

では男性はどんな努力をしているでしょうか?

最近の若い男性の中には、女性のように基礎化粧品を使ってしっかりお肌をお手入れして、ニキビ跡やクマなどを隠すために男性用メイク用品を使う人も増えています。

しかしまだまだ女性に比べて、外見を磨いている男性は少ないのが現実です。

「女性のように時間をかけてお肌の手入れをしろ」「メイクをしろ」とは言いません。ただし女性から見て嫌がられない程度の「清潔感」だけは気をつけたいもの。

「鼻毛が出ている」「ニキビ跡がひどい」「体臭がきつい」など、女性が嫌がる要素を抱えていないか、自分を厳しくチェックする習慣をつけましょう。

清潔感があるかどうか自己判断できない場合は、「母親」や「姉妹」など異性の身内に率直な意見を聞いてみると参考になります。

 

自慢話はNG!女性の話を聞く役に徹する

女性と話をする時に、気を引きたいあまりついつい「自慢話」をしてしまう男性がよくいます。自分のことをよく見せたいという気持ちはよくわかります。

しかし自慢話は女性にとって「嫌味」や「つまらない話」に聞こえてしまうので避けましょう。

女性の気を引きたいのであれば、「聞き役」に徹するのが正解。女性は「話を聞いてもらいたい」という人が多いので、女性の話を丁寧に聞くだけで好感を持ってもらえるようになります。

ただし話の聞き方には注意が必要です。

興味なさそうに「へー」「そうなんだ」ばかりを繰り返したり、女性の意見に対して「それって違くない?」と反論したりするのはNG。

女性は「自分の意見に同意してほしい」という気持ちを持っている人が多く、聞き手から自分の意見を「ダメ出し」されるのを嫌います。

また興味なさそうにされると、「この人とは合わない」「自分のことを理解してくれない」と取られてしまいがちです。

そのため女性の話を聞く時には、相手から「厳しい意見でも構わないから本音を教えて!」と言われない限りは「その気持ちわかるよ」と相手の気持ちに寄り添った対応をすることが大切です。

 

第一印象で女心をつかむ材料は「気遣い」

女性が恋愛において、顔や身長と同じくらい重視するのが「気遣い」です。「荷物持とうか?」「手伝う?」など、さりげない一言がある男性に女性は弱いもの。

特に男性の場合は、「年齢」によって女性からシビアな判断を受けるかどうかが違ってきます。若い男性の場合は、気遣いができなくても「若いから仕方ないか」と、大目に見てもらえます。

むしろ、「そんなところが可愛い!」「何でもしてあげたくなっちゃう」と母性本能をくすぐり、年上女性から好かれる場合もあるので、気遣いできないことが全てデメリットになるわけではありません。

一方30歳以降の男性は、社会人としてそれなりに経験を積んできたはずなので「気遣いができて当たり前」と女性から厳しく見られようになります。

30歳以降の彼女作りでは、常に女性の気持ちを考え、思いやりのある行動が心掛けましょう。

 

連絡頻度はほどほどに・LINEは質問形で

「女性は恋愛に夢中になりやすく、連絡も毎日しないといけない」というイメージを持つ男性もいるかもしれませんが、それは女性が男性にベタ惚れをしているケースです。

まだ付き合うかどうかもわからないような状態では、よほど相手に好かれているという確信がない限り、毎日連絡することは逆効果になります。

LINEで連絡が来て即レスするのも、「がっついてる」と思われる可能性があるため、時間を置いてから返信する方が無難。

自分でどのくらいの頻度でやり取りをすれば良いのかわからない時には、「相手の返信ペース」を目安にしましょう。

返信が来やすいように、できるだけ「答えやすい内容」にして、「質問」で終わるようにやりとりを続けるのがポイントです。

 

「デートから本交際につながらない人」向け彼女の作り方

デートから本交際につながらない人向け彼女の作り方

デートから本交際につながらない人にとって、効果的な彼女の作り方は「女性の気持ちを考えたデートプランをしっかり練る」ことです。

デートに応じてくれたということは、相手の女性もあなたに悪い印象をもっていないはず。デート内容を充実させて、「つき合っても良いかな」と相手に思わせることが重要です。

デートの下準備をしていない

女性にとってがっかりしてしまうデートといえば、やはり「ノープラン」です。

行き先も食べる場所も行き当たりばったりのデートは、女性には好まれません。

なぜなら、女性はデートに精一杯のオシャレをしてくるからです。時には足が痛くなるのも我慢して、オシャレのためにヒールの高い靴を履くことも少なくありません。

ヒールの靴を履いて何時間も歩き回る辛さは、男性にはなかなか理解できないかもしれません。

しかし女性はそれほどの意気込みでデートにやってくるのです。女性の努力に見合ったデート内容でなければ、女性はがっかりしてしまいます。

そのためデートを計画する時には、女性がヒールの靴を履いてきた時に備えて休憩に入りやすい場所を下調べしたり、女性に人気のスポットをピックアップしたり、プランをしっかり練っておくようにしましょう。

 

デート中に話すことも準備しよう

デートが楽しかったかどうかを判断する材料として、「デート中の会話」も重要です。会話が長続きしないと、お互いに気まずくなってしまうため、事前に「会話のネタ」も準備しておくことをおすすめします。

最初の頃はお互いに慣れていないので、何を話したら良いのか戸惑ってしまいがち。

事前に会話のネタを用意しておけば、会話が途切れなくなるのでスムーズにデートを進めることができます。

会話のネタは自分の興味のあることばかりではなく、相手が興味を持っていることや話題になっているニュースなど、深く考えなくても話せる内容が理想的です。

また自分ばかりが話そうとする必要はないので、彼女の食いつきが良い時には聞き手に回って、二人の会話のバランスを取るようにしましょう。

 

告白のタイミングを間違えない

デートから本交際につながらない人によくある失敗が、「告白のタイミング」です。彼女が「その気」になる前に告白してしまい、振られてしまったというケースがよくあります。

告白は、相手の気持ちが固まるまでじっくりと待つべきです。

女性が「その気」になっているかどうかは、普段の言動をじっくり観察していれば見極めることができます。

  • デートが終わっても「帰りたくない」と言う。
  • デートの約束がない時でも連絡が頻繁に来る。
  • あなたが会社などで他の女性と接することを嫌がる。
  • あなたの元カノや女性関係についてよく聞いてくる。

このような女性からの「好きのサイン」が見られるようになったら、告白のタイミングです。

ただし、好きのサインが1つ見られただけで、「好かれている!」と判断するのは早とちりになる可能性があるので要注意。

好きのサインが、いくつも見られるようになった時が「その時」です。

 

まとめ

これまで彼女の作り方についてタイプ別にご紹介してきましたが、彼女を作る一番のコツは、やはり「女性の心を掴むこと」。

これが男性にとって一番難しいこともかもしれませんが、女性の心に一番響きやすい方法なのです。

女性の心を掴むということは、女性の心を理解することです。

女性が「指摘しにくいこと」や「お願いしにくいこと」を察知できるようになれば、必ず女性はあなたのことを「信頼できる大切な人」だと感じてくれるようになります。

そのためには、日頃から相手の好みや性格などを、深く知ろうと努めることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA