【結婚相談所の費用について】大手7社を徹底比較

結婚相談所費用

結婚相談所の費用は、各社料金の表示方法が異なるためわかりにくい部分が多くあります。

そのためしっかり確認して入会しないと「結局思ったより高かった」ということになりかねません。

決して安くはない結婚相談所の費用だからこそ、しっかりと確認する必要があります。

そこでこの記事では、以下をわかりやすくご紹介していきます。

  • 結婚相談所を利用する上で「必要な費用」
  • 必要費用の「相場」
  • 必要費用の「内訳」

また、厳選した大手結婚相談所7社を徹底比較していきます。

  • パートナーエージェント
  • IBJメンバーズ
  • ツヴァイ
  • オーネット
  • ペアーズエンゲージ
  • エン婚活エージェント
  • スマリッジ

ぜひ結婚相談所を検討する時の、参考にしてみてくださいね。

結婚相談所の費用内訳について

結婚相談所の費用

結婚相談所の費用は大きく分けると4つに分かれます。

  • 初期費用
  • 月額費用
  • お見合い料
  • 成婚料

この他に結婚相談所によっては別途「お見合い用の写真撮影」「婚活パーティー」などのオプションサービスとして追加料金が発生することがあります。

基本の4つの費用と内訳・相場についてご紹介していきます。

 

初期費用(登録料や入会金)

結婚相談所に入会時に必要なプロフィールを作成するための事務手続き費用や、サポートを行うための費用となります。

初期費用は結婚相談所によって名称が異なり、「登録料」や「入会金」とも呼ばれています。「初期費用〇〇円・登録料〇〇円」と記載されている場合もありますよ。

相場は10万円ほどですが、各社で差が大きく「9,800円」というところもあれば「200,000円」を超えるところもあります。

また同じ結婚相談所でもプランなどによって初期費用が異なる場合もあり、結婚相談所によって大きく異なります。

 

月額費用(月会費)

結婚相談所では利用を続けることによる月額費用が発生します。

相場は約10,000円〜15,000円ほどで、こちらの場合は結婚相談所各社で大きな差は出ません。

ただし年間にすると金額の差は大きく感じられます。たとえば10,000円と15,000円の月会費を比べると、年間で約60,000円の差です。

月にすると数千円の差なので見落としてしまいがちですが、結婚相談所では半年、1年と活動を続けますので長期利用するほどにその差が大きくなります。

比較する時には「年間の月額費用」を算出して比較した方が、わかりやすくなります。

 

お見合い料

結婚相談所によっては紹介された人とお見合いをするごとに「お見合い料」がかかるところがあります。

相場は1回につき5,000円〜10,000円ほどです。

お見合いをする度に結婚相談所に支払いをするため、毎月複数人とお見合いをしようとすると高額の料金が発生します。

結婚相談所によっても異なりますが、お見合い料がある代わりに月額料金や初期費用が安いという場合もあります。

ただし大手の結婚相談所だと、お見合い料は発生しないことがほとんどです。

今回ご紹介する大手結婚相談所7社も、通常の紹介ではお見合い料はありません。

 

成婚料

成婚料は、お相手が見つかって結婚相談所を成婚退会する時に必要な費用です。

結婚相談所は、成婚料が必要かどうかで大きく2つに分かれます。後にご紹介する大手結婚相談所6社中、成婚料が必要なのは2社です。

相場は50,000円〜200,000円と高額で結婚相談所各社で差が大きく出る部分です。

結婚相談所を検討する時には成婚料にも注目しておきましょう。

大手7社の結婚相談所7社の費用比較

今回こちらの大手結婚相談所7社の費用を比較しました。

  • パートナーエージェント
  • IBJメンバーズ
  • ツヴァイ
  • オーネット
  • ペアーズエンゲージ
  • エン婚活エージェント
  • スマリッジ

今回紹介する7社すべてが「お見合い料」を設定していませんので、お見合い料の項目はありません。

初期費用・月額料金・成婚料・最初の1年の費用(成婚料含まず)を比較して、自分に合った結婚相談所を見つけましょう。

 

費用の比較

各結婚相談所のプランによって費用は変わります。今回は各社の主力プランをピックアップしてまとめてみました。(※すべて税込価格です。)

初期費用(登録料・入会金) 月額費用 成婚料 1年間の活動費用
パートナーエージェント 137,500円 18,700円 55,000円 416,900円
IBJメンバーズ 296,450円 17,050円 220,000円 721,050円
ツヴァイ 107,800円 15,180円 無し 289,960円
オーネット 116,600円 16,500円 無し 314,600円
ペアーズエンゲージ 9,800円 9,800円 無し 127,400円
エン婚活エージェント 10,780円 13,200円 無し 169,180円
スマリッジ 6,600円 9,900円 無し 125,400円
費用について
  • 各社主力プランの料金です。
  • 「1年間の活動費用」には成婚料も含まれます。
  • 時期によって割引キャンペーンなども行っている場合があります。
  • 2021年3月時点の料金です。

 

結婚相談所の費用だけを比較すると、かなりの差があるように思えます。

しかし基本的に費用が高い結婚相談所はサポートが手厚く、面談や紹介人数などが多く設定されている傾向にあります。

 

たとえばもっとも費用が高いIBJメンバーズは、実際に結婚するまで手厚いサポートを行ってくれる結婚相談所として人気です。

反対に安いペアーズエンゲージやエン婚活エージェント、スマリッジは店舗が無く担当者とのやり取りもオンライン上で行うことでサービスを簡潔にして料金を安く設定しています。

金額だけで選ばず、どんなサポートをしてくれるのか、紹介人数についても比較検討しましょう。

 

結婚相談所サービス内容の比較

結婚相談所各社のサービスの内容についても各社比較してみましょう。

こちらの場合も上記と同じ主力プランでの比較をまとめました。

紹介可能人数 毎月の紹介人数 面談回数
パートナーエージェント 29,353人 紹介:6人
申込:5人
3ヶ月ごと
IBJメンバーズ 約65,000人 紹介:3人
申込:20人
年間6回
ツヴァイ 91,961人 紹介:6人
申込:11人
回数の定め無し
オーネット 50,041人 紹介:6人
申込:8人
回数の定め無し
ペアーズエンゲージ 非公開 紹介:30人
申込:無し
オンラインチャット24時間対応
エン婚活エージェント 30,166人 紹介:6人
申込:10人
オンライン(電話・メール)
スマリッジ 52,000人 紹介:4人
申込:10人
オンライン面談(1回8,000円)
費用について
  • 各社主力プランでの比較です。
  • 時期によって割引キャンペーンなども行っている場合があります。
  • 2020年12月時点の内容です。

費用とサービス内容を総合的に判断し、自分に合うかどうかを判断しましょう。

紹介可能人数が最も多いのは業界最大級の会員人数を誇っているIBJグループのツヴァイです。申込の人数・面談の回数も多く出会いのチャンスが多いのがわかります。

パートナーエージェントとエン婚活エージェント、スマリッジはコネクトシップという会員相互紹介ネットワークに入っているのもポイントです。

結婚相談所各社のサービス内容を比較し「紹介可能人数」を重視するのか、または面談回数などのサポートを重視するのか、自分の描く婚活プランに応じて決めましょう。

費用とのバランスを見て、自分に合った結婚相談所を見つけてくださいね!

 

結婚相談所は費用だけで選ばない

結婚相談所は費用だけで選ばない

結婚相談所を選ぶ時には、費用はもちろん重要な部分です。

せっかく入会しても費用を捻出することができず、十分な婚活ができないまま途中退会となってしまうと無駄になってしまいます。

しかし費用を気にするあまり自分に合っていない結婚相談所を選んでしまうと、結局成婚につながらない…というトラブルが起こる可能性もあります。

結婚相談所を比較する時には費用だけでなく、サービス内容に関してもしっかりチェックしておくのがオススメです。

ここでは費用と密接に関係している4つのポイント

  • サービス内容
  • 会員数・会員属性
  • 成婚率
  • 家から近いかどうか

に分けて、それぞれのポイントをご紹介します。

 

サービス内容

サービス内容は結婚相談所によってかなりの差がありますし、プランによっても異なります。

婚活の成功を大きく左右する部分ですので、しっかり確認しておきたいポイントです。

サービス内容の中で特に比較したい部分は「出会える人数」と「サポート体制」です。

それぞれを解説していきますね。

 

出会える人数

大手結婚相談所では、出会える人数が「月〇〇人」と設定されていることがほとんどです。出会える人数が多くなると、プランの費用も高くなります。

またこの「出会える人数」のカウント方法も、結婚相談所によって違いがあります。

確実に出会うことができる人数ではなく「紹介してくれる人数」や「(お見合いの)申し込みができる人数」などであり、結婚相談所によりその定義も異なっています。そして必ずしも出会える人数が多い方が良いとは限りません。

「仕事が忙しいし、月に2人くらい出会いたい」と考えている場合であれば、人数が多いプランを選択する必要はありません。出会える人数は婚活成功に直結するので、ぜひチェックしておきましょう。

 

サポート体制

サポート体制は、各結婚相談所によって違います。またプランによっても差が出ます。

大手結婚相談所では、専任担当者が一人一人に付くことが多いですが、プランによっては最初だけということもあります。

サポート体制のポイントをまとめると、以下のようになります。

  • 専任の担当が付くかどうか
  • 面談(相談)できる回数は月に何回なのか
  • 相手との間を取り持ってくれるのか

以上のようなポイントをチェックしておきましょう。

そしてチェックと同時に、これらのサポートが自分に必要かどうかも考えておくのがオススメです。サポートをしてもらうことで安心できる人もいますし、自分でやりたいから構わないでほしい…という人もいます。

自分に合う方法を考えておきましょう。

面談については回数が決まっていても、都度不安点が出た時に気軽に相談に行けることもあります。

 

会員数・会員属性(年齢・職業・収入・学歴など)

会員数や会員属性(年齢・職業・収入・学歴など)によっては、入会してから「自分の理想の相手がほとんどいない」と気づくこともあります。

ほとんどの大手結婚相談所では、会員数と会員属性を公表しています。

これらの情報もチェックしておき、より「自分の理想の会員数が多い結婚相談所」を選んだ方がスムーズです。

会員数は多い方がもちろん良いですが、理想像とは違う人数が多いと、お相手を見つけるまで遠回りをしてしまうこともあります。

会員数と会員属性は必ず確認しておきましょう。

 

成婚率

成婚率は実は一概に比較ができません。

というのも結婚相談所によってその算出方法や定義が全く異なっているためです。

1ヶ月の成婚退会者を1ヶ月の入会者数で算出しているところもあれば、1年間の総会員数から1年間の成婚退会人数で算出しているところもあります。

そのためA社では20%の成婚率でも、B社の算出方法でA社の数字を計算すると15%になってしまうということもあるのです。

 

だからと言って、成婚率を無視するというのは極端ですが「成婚率は簡単に比較することができない」と覚えておくべきです。

ただ成婚率を発表している結婚相談所は、それなりに成婚率に自信がある証拠です。

 

家から近いかどうか

結婚相談所のシステムによっても違いますが、多くの場合は何回か店舗へ出向く必要があります。

完全にオンラインで行う場合もありますが、月に1回や3ヶ月に1回など、直接面談することもあります。そのため「家から近い場所にあるか」というのも大きなポイントとなります。

または勤務先に近いならば、お仕事帰りなどに寄ることができるので良いでしょう。

あまりに家や勤務先から遠い場合や、行くまでの費用がかかってしまうという場合には、他の結婚相談所を検討しても良い可能性もあります。

家や勤務先から近い場所に店舗があるかどうかも、必ず確認しておきましょう。

 

まとめ

結婚相談所の費用は様々な費用があるため比較するのが難しいです。

結婚相談所によってサービスの内容も質も違ってきますので、額ばかりを見て決めてしまうと損をしてしまう可能性もあります。

大切な時間とお金を無駄にしないためにも、費用を正しく理解して各社の検討材料にしておきましょう。

結婚相談所に入会する前にぜひこの記事を参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA