「婚活疲れ」はあなただけじゃない!婚活に疲れる原因と解消法について

婚活疲れについて

婚活を続けてなかなか成功しないと心も体も疲れてしまう「婚活疲れ」状態になってしまうことがあります。

「やめたい」「しんどい」と思ったり、「私は本当に結婚したいの?」と考えてしまったりすることもあるでしょう。

しかし辛い「婚活疲れ」には対処法があります。ぜひこの記事を参考にしてみてください。

「婚活疲れ」はあなただけじゃない

「婚活疲れ」はあなただけじゃない

周りの友達が次々と結婚をしていく中、婚活を続けていてもなかなか結婚に至らなかったあなた。

「なぜ自分だけ」と疲れてしまった人も多いのではないでしょうか。しかし婚活疲れに陥る女性は実は多いので、自分だけだと悩む必要は全くありません。

周りに幸せの家庭を築いている人がいると、自分だけ一人でむなしくなることもあります。

たとえば子供がいる友人宅に招かれて、ずっと楽しかったのに帰宅したらむなしくなった…という時には婚活がうまくいかないことへの焦りが高まるかもしれません。

しかし婚活をしている人が全員、理想期間内に理想の結婚相手を見つけているわけではありません。

「自分だけがうまくいかない」「疲れた」と思ってしまうと、婚活で出会った相手に対しても上から目線になったり、多くを求めすぎたりしてしまい、さらに婚活が難航することもあるのです。

婚活に疲れを感じた時には、他にも同じ気持ちの人・婚活疲れの人は大勢いると思うようにしてください。

少しでも気が楽になることでしょう。

あなたの婚活疲れの原因・理由は?

あなたの婚活疲れの原因は?

婚活疲れには様々な理由があり、人により「もうダメ」と思ってしまうポイントは違うでしょう。

婚活疲れの原因や理由をそれぞれ詳しく説明していきます。

振られてばかりで自尊心ボロボロ

婚活をしている中で折角「いいな」と思う男性がいても、アタックして振られて…というのを繰り返していると、さすがに自尊心がボロボロになってしまいます。

相手にその気がなくても、自分を否定されていると感じてしまうことでしょう。

一人や二人であればたまたま相性が良くなかったと思えるのですが、さすがに続くと「根本的に自分がだめなのでは」と感じてしまうものです。

振られてばかりの状態が長期間続いてしまうと、自尊心がボロボロになってしまい自分を見失うことにもつながります。

自分を見失うと、自分の魅力やアピール方法がわからなくなったり、どんな人を求めているのかわからなくなったりしてしまいます。

少し時間を置いて、理想の相手を考え直すことも重要です。

たとえば「はっきりと言ってくれる人が好き」と思うあまり、悪いところばかりを指摘する人を選び自尊心が傷つく…ということを繰り返している方がいます。

そんな方は実は「ちゃんと話を聞いてくれる、否定をしない」人の方が合っているかもしれません。

振られてばかりで婚活疲れになってしまっている方は、自分や自分の理想像について考え直してみると良いでしょう。

 

自分が望む人がいない

いくら婚活をしても自分が望む人が現れない、という場合も婚活疲れの原因になります。

どのような人を求めているかはわかりません。時には高望みすぎる場合もあるでしょう。しかし結婚をすると一生一緒に過ごすわけですから、どうしても譲れないこともあるでしょう。

このように考えているだけで、だんだんとイヤになることもあります。

 

連絡・デート等の労力が苦痛

結婚相手を探すためには、連絡をしたり何度か会ってデートしたりする必要があります。会っていきなり結婚するなんてないですし、相手のことを知らずに結婚をしてしまったら後が大変です。

しかし、相手の予定に合わせて連絡をとったり話をしたりしているのがだんだんと苦痛となり、婚活疲れになることがあります。こんなに疲れるなら一人の方が楽だ…と思うこともあるでしょう。

 

なかなか交際に進めない

それでも頑張って相手に都合を合わせてデートを重ねて、だんだんと相手との距離を近づけたとしても交際につながるとは限りません。途中で相手の気持ちが変わることも、状況が変わることもあります。

労力をかけているのに結果がついてこないと、「しんどい」「やめたい」と思って婚活疲れになってしまうものです。

 

お金と時間を無駄使いしている気がする

デートをしたり、デートの準備をするために服や化粧品を買ったりしていると、お金も時間もをかけることになります。なかなか婚活がうまくいかないことが続くと、これらが無駄なのではないかと思うこともあるでしょう。

気が付いたら時間とお金だけを使っていたということもあるので、よく考えて婚活をすることが重要です。

少しでもきれいな姿で、と思うことは素敵なのです。しかし背伸びした状態で会わないといけないようであれば、その関係はうまくいかないことが多いのです。

またこちらに余裕がないと、相手にもそれが伝わり焦らせてしまうものです。

 

婚活疲れから「婚活お休み」するメリットとデメリット

「婚活お休み」するメリットとデメリット

婚活に疲れたのであれば、一度婚活休みをして気持ちをリセットすることが大切です。疲れてしまっている状態ではうまくいきません。しかし休んだことによりチャンスを逃すということもあり得ます。

ここからは婚活を一度お休みするメリットとデメリットを紹介していきます。両方を把握したうえで婚活を一度お休みするかどうか判断してください。

 

一度お休みするメリット

婚活を一度お休みする一番のメリットは、気持ちをリフレッシュできることでしょう。婚活疲れのままふさぎ込んでいる気持ちだと、どの道うまくいかないことが多いのです。

しかし一旦リセットすることで気持ちの切り替えができ、客観的に自分を見つめ直すことができます。「どこがいけなかったのか」「次はどうすれば良いのか」など友達に相談してみるのも良いでしょう。

男友達がいれば男性側の意見を聞いてみるのも一つの方法です。男性が考えていることとミスマッチしていると、頑張っていてもなかなかうまくいかず疲れるだけです。

また婚活を継続していると、お金も時間も必要になります。

婚活のためだけに時間やお金を使って、仕事や普段の生活にまで支障が出ていては、かえってマイナスになってしまいます。相手から見て魅力的な人に見えなくなってしまうこともあります。

婚活はあくまで無理のない状態で行うことが重要なのです。無理して交際できたとしても、なかなか続きません。相手から「交際前はこうだったのに」と思われてしまい、すぐに破局してしまうカップルも少なくはないのです。

 

婚活を一度お休みするデメリット

婚活をお休みするデメリットとしては、出会いがなくなり婚期が遅れる可能性があることです。

しかしそうはいっても、結婚相手は焦って見つけない方が良いです。タイミングをよくみて、自分の中でポジティブになれる時に婚活をしましょう。

 

婚活お休み→結婚できる人の共通点

いくら婚活に疲れて婚活を休んでいても、異性からの連絡は受けられるようにしておくことが大切です。

婚活は相手のペースもあるため、突然相手から連絡があるかもしれません。決して「着信拒否」などの連絡がつかない状態にはしないでください。

一度婚活から離れて気持ちがリセットされた時に、これまでに会った人が乗り気になる場合もあります。あなたに気はあったけど、たまたま仕事などで忙しかった…というケースもあります。

婚活をお休みすることでお互いの気持ちがマッチングすることもあり、そこから交際に至るケースも少なくありません。特にグイグイ来られるのが苦手な男性はこのパターンが多いです。

 

婚活疲れでしんどい時に試してほしい3つの解決策

婚活疲れでしんどい時に試してほしい3つの解決策

それでは婚活疲れでしんどいときはどうすれば良いのでしょうか。

以下の3つの解決策をためしてください。

  • 「結果を求める」のをやめてみる
  • 「理想の相手」を探すのをやめてみる
  • 婚活のプロに相談してみる

「結果を求める」のをやめてみる

返事を待ったりマッチング率を気にしたりするのを、一回やめてみましょう。相手にも都合があるため、相手が忙しい時に返事を催促するとイヤがられてしまいます。

またデートをしていいなと思っていても、しつこく迫られることで冷めてしまうこともあり得ます。そんな時は少し時間を置くことも重要です。

つまり婚活を楽しむことも必要ということです。相手と会ったりデートを楽しんだりすることを優先し、その結果として結婚相手が見つかればいいな…程度に考えてみてください。

そもそも常に気を使わないといけないような相手だと、仮に結婚できたとしても長続きしない可能性もあるのです。すぐに連絡がこなくても信頼できるような人を探す方が先決ではないでしょうか。

交際や結婚はあくまで両方の意志があってうまくいくものです。片方が必死になりすぎて結果を求めても、相手を辛くさせてしまうだけです。

 

「理想の相手」を探すのをやめてみる

本当に必要な条件以外を外して、出会いの幅を広げてみることも一つの方法です。結婚をするわけですから「ここだけは譲れない」ということもあるでしょう。しかしあれもこれもと思っていると、なかなか相手が見つかりません。

また自分が理想としている人と自分が合わない可能性もあります。たとえば極端な例ですが、外国人と結婚したい人がいるとします。しかし海外へ行くことができず英語も話せない場合、理想通りの相手は見つかりません。

婚活疲れを感じるときは、理想の相手に探すのをやめてみるのも一つの方法です。実は自分が思ってもみないような人が、本当に相性の合う人かもしれません。

色々な夫婦から「この人実は理想の人でなかった。けどうまくいっているよ」という話を聞く方もいるでしょう。

理想の人を追いかけている時に、相談に乗ってもらっていた幼馴染と結婚した…ということもあります。

たとえば結婚相談所に登録しているのであれば、登録時に設定した理想の条件を見直してみるのも良い方法でしょう。

 

婚活のプロに相談してみる

一人で頑張っていてもなかなかうまくいかないこともあります。ひょっとしたら第三者の助言があるとうまくいくかもしれません。そこで結婚相談所などを利用してみることが大切です。

結婚相談所はこれまで多くのカップルを見てきており、その統計をもとに自分に合った人をマッチングしてくれます。もちろん会ってみて違う場合はあるにしても、自分で探すよりはるかに交際につながるチャンスは多いのです。

また色々と相談に乗ってもらったり、助言をもらったりすることで良い方向に進む可能性もあります。一人で全てを抱え込む必要はないのです。

結婚相談所はピンからキリまであるので、とりあえず気軽に登録してみるのも良いでしょう。自分が思っていることをプロの方に聞いてもらうことにより、良いアドバイスをもらえることもあります。

結婚相談所というと重いイメージがあるかもしれません。しかし気軽に利用できるところが多いです。相談をするだけ、もしくは話を聞いてもらうだけでも大丈夫です。

 

まとめ

婚活は決して楽ではありません。相手を探したり、連絡をとったり、デートをしたりなどの労力が必要なのです。

また必死に頑張っても報われない可能性もあります。そんな時周りの友達が結婚していくと、婚活疲れから「やめたい」「しんどい」と思ってしまうこともあるでしょう。

しかし決してあきらめる必要はありません。結婚相手はどんなきっかけで見つかるかわからないのです。

そんな時は少し婚活をお休みしたりプロに相談したりすることも必要ですし、気分転換にもなります。

結婚相手とは長い間一緒に過ごすことになります。無理に相手を探して結婚ができても、結婚してからがぎくしゃくする可能性もあります。

自分らしくいられる人を探すようにしてください。なかなか見つからない時は、時間をかければ良いのです。この記事が少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA